施工実績info

【これまでよりガスの使用量を減らし、効率的にお湯がつくれます】

Before

どうして給湯器は冬に壊れやすいの?

給湯器は気温の下がる冬に壊れやすいという特徴があります。 その理由は水道水の水温差にあります。 まずガス給湯器の号数は水温+25℃のお湯を1分間に何リットル作ることができるかを表しています。 例えば夏の平均水温を17℃。冬の平均水温を5℃とします。 暑い時期と寒い時期とでは水温の差が約12℃もあることになります。 この状況で24号の給湯器を夏に使った場合、40℃設定であれば水道水との水温差が小さいため給湯器の能力にも余裕がありますが、冬場になると水温が5℃まで下がり水温差が大きくなってしまうため、40℃設定では給湯器がフル稼働することになり負担が大きくなるのです。よって給湯器は負担の大きい冬に壊れやすいのです。

After

新外装色のプレシャスシルバー

高級感のあるメタリックカラー仕上げ。サテン調の落ち着いた質感が幅広い住宅外壁にマッチします。汚れや色あせが目立ちにくいカラーになりました。


Before

After


エコスイッチで、かんたんエコライフ

「エコフィール」は、95%の熱効率で灯油代とCO2排出量を大幅に削減した石油ふろ給湯機。スイッチひとつでエコ運転ができる “エコスイッチ” を搭載し、先進のエコ性能を備えました。さらに、選べる本体の材質やおふろ沸かし機能、エコが見える “エネルック機能” を搭載した高機能リモコンなど、お住いに合わせたラインアップをご用意。エコ・ファースト企業ノーリツの想いが新しいカタチになりました。