info

【段差解消。台所出入り口の敷居撤去工事】

昔から日本の家屋に多い開口部、引き戸。

まだアルミサッシや気密のいい建材など無い頃、少しでも隙間風などを遮断する意味もあってあえて敷居などで段差をつけていた。なんて話を聞いた事があります。

最近でこそバリアフリー住宅!なんて言われて段差の無い開口部が主流となってきていますがまだまだ段差があるお宅がほとんど。

今回のお宅では既存の木製敷居を撤去。そして段差の無いようにアルミフラットプレートとレール材への交換工事をさせていただきました。

皆さんのよく出入りする開口部の敷居をみてください。
角がぶつかったりしてまぁ~るくなってませんか?
足の上がりが悪くなり、段差をまたごうとしたつもりがつま先が下がっていて足の小指をぶつけて痛い思いをしちゃったり。
足の筋力を極力下げず維持するためには家の中の段をあえて残して段差を常に移動する習慣が必要!とも言われますがどうしても段差が障がいとなって躓いて転んだりする危険な方も沢山いらっしゃいます。
そんな時はぜひフジトモへご相談ください!
フジトモでは段差の解消だけではなく、それにまつわる別の動きも安心のプラス!へとご提案させていただきます。

施工前

施工後




段差がなくなりお部屋への行き来がスムーズになりました。
施工させていただきましてありがとうございました。