屋根・外壁info

【金属屋根からオークリッジへ屋根を葺き替え】

〇古くなった屋根をカバー工法でリフォーム

屋根表面の劣化がみられる場合でも下地がしっかりしていれば、カバー工法でのリフォームが可能です。

カバー工法とは既存屋根の上から新しい屋根を重ねて施工する方法です。

既存屋根を剥がす作業がないので、葺き替え工事に比べて工期を短縮することができます。また既存屋根材の処分費も発生しないため全体の工事費用を抑えることができます。

新しい屋根材を葺く前にルーフィング(防水紙)を敷くので、既存屋根が雨漏れしていた場合でも安心です。


 
施工させていただきましてありがとうございました。