廊下・階段info

新潟市南区:M様邸 階段手すり工事

屋内階段手すり

屋内の階段って今じゃ最初から手すりがついているのが当たり前。の時代となりました。

しかし、ひと昔前までは直線で1本だけ手すりがついているだけとか、急な階段なのに手すりが全くついていないなんてお宅もたくさん。

介護保険住宅改修工事となると保険利用者が生活の上でどうしても階段を使う!という事がなければ自費での取り付けとなります。

今回工事をさせていただきましたお宅。今まで手摺は付いてはいたのですがまっすぐに取り付けができる部分にだけ。それも太い丸棒で。

けど長年使われていると体が今までの手すりに慣れるんですよね。

フジトモでは危険のリスクを少しでも減らせるように手すりの付いていない壁面に木製手すりを設置させていただきました。

階段での手すり設置は大外周りの壁面に連続で手すりを付けるのが一番安全でもあります。

しかし階段の内側まわりで歩く習慣があったり、外周りには物を置いたりコートなど下げていたりなんてお宅もあります。

片麻痺などの方は登る時、降りる時で健側の向きも変わり両側に設置しないと安全に昇降ができないなんて場合も。

階段での手すりをご提案する時は結構シビアな場面が多いですが段を踏み外して落ちないように現地確認の上、生活スタイル、家族構成など加味してご提案・施工をさせていただいております。

施工させていただきましてありがとうございました。