外階段・アプローチinfo

新潟市秋葉区:Y様邸 外部手すり工事

玄関の外。

 

大雨が降って水が上がらないように基礎や土台を高くされているお宅が多々あります。
よくお聞きする言葉は『若い時はよかったんだけどねぇ』と歳を重ね、
一段一段の段差が億劫となっている方がほとんど。

 

今回、工事をさせていただきましたお宅は玄関ポーチと道路までのアプローチに段差があり、
段差の高さが高く昇降動作が大変だったり危険!という事でコンクリート製の踏み段を一段から
二段へ新設して一段当たりの段差を低くしました。

 

また上肢のバランスが保てるように立ち上げ式の外部手摺も設置させていただきました。
私ども健常者でも段差部分に手摺があると知らずと掴まってる事が多々あります。

 

今回工事をさせていただいた手摺の取り付け位置!
ちょうど玄関の真ん中です。

 

右利きの人が段差を昇る時、降りる時で手摺が常に右側にあると昇降動作を右手で掴まりながらできますよね!
今回のお宅のように幅が広い玄関の場合、このように真ん中へ設置ができます。

 

そして雪の降る新潟。
除雪、ゴミを掃くなど日常の作業も行いやすいようにフジトモの立ち上げ式外部手摺はコア抜きでの施工を
推奨しております。(コンクリートに丸い穴を空けてそこへ柱を差し込み、モルタルで根元を固める施工方法)

 

工事後、住まわれる方々の動きにも配慮した提案をこれからも進めてまいります。

 

Before

After


施工させていただきましてありがとうございました。